植栽活動の紹介



 西表在来植物の植栽で地域振興を進める会
(任意団体)はこれまで下記の団体から助成を受けています。私たちの活動では、西表産の在来植物を植栽に用いるため、苗を自前で用意する必要があります。助成では苗づくり、苗の植えつけに対して人件費が支出できるため大変にありがたいと思っています。助成のご好意に少しでも沿う様に毎月の活動をインターネット上で紹介することにしました(一部の助成申請では、これをすると記載しました)。公開は在来植物の植栽普及をも目的としております。

助成団体
 公益財団法人 自然保護助成基金 (平成26年9月から27年12月まで)
 一般社団法人 沖縄しまたて協会 (平成27年4月から28年3月まで)
 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜環境財団 (平成28年1月から29年1月まで)
 花王・みんなの森づくり活動助成 / 公益財団法人 都市緑化機構 (平成28年4月から)
 公益信託 経団連自然保護基金 (平成28年4月から29年3月まで)
 パタゴニア環境助成金プログラム (平成28年9月から)

 沖縄しまたて協会の活動報告書(インターネット公開用に改版)は、植栽普及の参考になりますので、興味をお持ちの方はここ(しまたて活動報告書)からご参照ください。

 問い合わせ先:ttakaso@lab.u-ryukyu.ac.jp 

 平成28年10月-29年3月

 平成29年4月-


 
作業時に見つかったヤマネコの糞


他に、美田良の水田脇のクロイワザサ、イワダレソウ植栽地での除草を行った。約40メートル。
干立集落近くの県道、縁石沿いでのコウシュンシバ植栽。20メートル程で行ったが、この近隣はヤマネコの目撃情報の多い所である。
イワダレソウの拡大写真。


他に、県道白浜南風見線、浦内川干立間20メートルでコウシュンシバを植え、合わせて1月4月に植えたコウシュンシバ周りの除草を約50メートルで行った。
 
サトウキビの絞りかす(バカス)を苗床とした育苗をヒメキランソウ、コウシュンシバで始めた。簡易スプリンクラーで潅水。西表島では集中豪雨によって崖崩れが多数生じているが、地表を速やかに被う植物として地被植物を考えている。苗床の軽量化のためにバカスを用いている。


他に、美田良でクロイワザサを植えた。




縁石沿いでのコウシュンシバの新たな植栽。前記道路の中間点で、約20メートの間。苗は穴のある育苗トレイ、あるいはプランターで育てている。雑草は2−5センチメートルの幅で溝に生えているが、根茎と根は深さ25センチメートルに及ぶ。現在は道具を使って抜き取っいるが、効率的な方法に改める必要である。雑草は外来のムラサキヒゲシバ、ギニアグラスが多い。なお、植栽苗のほとんどは共同作業所・スオウの木から購入している。
 
植え付け後。通常は植栽後の潅水で十分。

 
除草後。
 
作業後の様子。苗は50センチメートル間隔で植えていた。
植物園トップページへ