除草後。
平成30年3月

浦内集落のコウシュンシバ植栽地での除草。200メートルほど。コメツブウマゴヤシが生えていたが、この外来種は果実形成前に駆除することが重要。
除草後。アスファルト劣化部でも除草を行った
干立−浦内川間で植栽域を広げるための除草を30メートルほど行った。
植栽桝の透水性コンクリートは劣化の著しい部分があり、ここでも植栽をした。植栽桝の周りでも除草と植栽が必要な所がある。
縁石沿いに植えたコウシュンシバは枝を道路側に延ばすが、これを採り集めて増殖用の苗とした。浦内集落の200メートルほどで。
クロイワザサの生長が芳しくない所に消石灰を撒いた。コウシュンシバは酸性土壌で生長が芳しくない場合があるが、この様な場所には消石灰を撒くことが有効。降雨後白い固まりとなることがあるが、雨で徐々に溶け、効果が持続する間に全面植被が得られる。
道路端の土砂の除去と雑草除去を行った。




植栽桝のコンクリートが劣化と松の根の生長で砕けているが、この様な所でもコウシュンシバ植栽は適している。

平成29年12月

干立集落の近くで新たに除草とコウシュンシバ植栽を行った。50メートルほど。
干立集落近くのコウシュンシバ植栽地では、道路の端に土砂が溜まるが、この土砂を縁石沿いに置いて(29年5月の写真を参照)増殖を試みたたが、これが上手く進んでいる。ただし、夏期の乾燥期では生長した部分が枯れる場合もある
花壇で移植用のコウシュンシバを育てているが、ここでの除草を行った。150平方メートルほど。この様に育てた苗では密植が可能となり、移植後の除草が大幅に軽減できる。

植栽桝に植えたコウシュンシバも期待通りに生長(28年9月の写真を参照下さい)。



 
平成28年11月

浦内集落近くの県道縁石沿いのコウシュンシバ植栽地で除草を行った。200メートルほど。コウシュンシバは密生して生えており、以後の除草が軽減できる。
除草後。
 
浦内川駐車場脇のクロイワザサ、コウシュンシバ、イワダレソウ植栽地で除草を行った。植栽後8か月となるコウシュンシバもほぼ全面を被う様になった。一方、イワダレソウの地被は良い結果が得られていない(イワダレソウは5mmほどの高さで地面を被う様に生長するか、この状態が得られていない)。
浦内川−干立間のコウシュンシバ植栽地で上部の刈り込みを行った。200メートルほど。縁石沿いのコウシュンシバは草丈が20cmほどになるが、この状態では冬季に苗上部が褐色に枯れることがある。刈り込むとこれが起こらず、冬季でも青々としている。褐色になっても、春先には緑色に回復する。
平成29年10月

浦内川−干立間でコウシュンシバ植栽地での除草を行った。200メートルほど。


 
西表在来植物の植栽で地域振興を進める会(任意団体)は道路沿いでの景観改善とイリオモテヤマネコの交通事故防止を目的に外来植物を駆除し、海浜地被植物を植える活動をしています。この活動では下記の団体から助成を受けています。植栽活動の普及のため、また助成のご好意に沿うため、毎月の活動をインターネット上で紹介しています。

助成団体
 公益財団法人 自然保護助成基金 (平成26年9月から27年12月まで)
 一般社団法人 沖縄しまたて協会 (平成27年4月から28年3月まで)
 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜環境財団 (平成28年1月から29年1月まで)
 花王・みんなの森づくり活動助成 / 公益財団法人 都市緑化機構 (平成28年4月から)
 公益信託 経団連自然保護基金 (平成28年4月から29年3月まで)
 パタゴニア環境助成金プログラム (平成28年9月から29年10月まで)
 公益信託 大成建設自然・歴史環境基金(平成29年11月から)
 トヨタ環境活動助成プログラム(平成30年1月から)

 沖縄しまたて協会の活動報告書(インターネット公開用に改版)は、植栽普及の参考になりますので、興味をお持ちの方はここ(しまたて活動報告書)からご参照ください。

 問い合わせ先:ttakaso@lab.u-ryukyu.ac.jp 

 平成28年4月〜9月
 平成28年10月〜29年3月
 平成29年4月〜9月
 平成30年4月〜

植栽活動の紹介:道路沿い

前記苗を用いた増殖の様子。


他に、浦内集落近くのコウシュンシバ植栽地で上部の刈り込みを行った。200メートルほど。
植物園トップページへ