植物園トップページへ
西表島で植栽ボランテイアを募集
 在来植物を植えて西表島を美しくしましょうという活動を祖納集落から始めています。いろいろな種類の綺麗な花が身近に見られれるようになりますと、住民の方には在来植物の良さを再認識して頂けそうですし、観光客の方には珍しいと楽しんで頂けそうです。島内の子供達には在来植物を学ぶ良い機会にもなるでしょう。この活動を効率的に進めるためにボランテイアを募っています。植栽(イリオモテヤマネコの交通事故対策となる植栽も含みます)が主な活動ですが、この活動で将来的に少しでも観光振興に役立てばと期待しています。参加者の中で希望される方には陶器等の土産を作って頂いても構いません。この作製もボランテイア作業の一つとします。


植栽

祖納集落で
 1)祖納漁港の周辺が整備され公園ができました。この公園の一部に海浜植物を用いたミニ植物園を計画しています。隆起石灰岩の上に、イソマツ、イソフサギ、ミズガンピ等を植えますが、岩を組んだ防波堤の隙間にはテッポウユリ(島内で採集した種子から)を植えて花壇にする予定です。

 2)子午線ふれあい館が増設、整備されました。ここに、サキシマハマボウ、サキシマフヨウ、ノボタン等の潅木を植えます。また陶芸窯をシラタマカズラのような蔓植物で被うことにしています。

 3)祖納岳の北斜面は祖納公民館の共有地ですが、ここに2000本のイジュが植えられています。移植後の手入れがされていませんので、花がわずかしか咲きません。イジュの周りの木を取り除いて、ピクニック等のできる広場を造る予定です

県道沿いで
 西表島の東西をつなぐ主要道路、県道白浜南風見線、ではイリオモテヤマネコの交通事故が大きな問題になっています。推定100頭ほどとされている内の5頭が平成25年に、3頭が26年に死んでいます平成27年には既に2頭が死んでいます。事故の原因として道路沿いに生えた草丈の高い雑草の繁茂が挙げられています。このため、道路沿いの雑草を取り除き、地被植物を植える活動を始めましたが、これに関わる作業をして頂きます。植栽をする植物種、植栽法等の活動の詳細については、トップページのヤマネコ事故対策をご覧下さい。この活動を修学旅行の一部にして頂けたらとも考えています。

作業内容・時間
 作業は、苗の植え付け、灌水、除草となります。また、倒木の運搬もして頂くかもしれません。着衣(軍手、ヘルメット、安全ベスト、長靴等)と道具類は西表庵で用意いたします。作業時間は一日当たり午前か午後の 3時間までとします。ただし、作業現場によっては、移動に片道1時間を要することがあります。


土産作り

 イリオモテヤマネコの足跡を基にした焼き物(足跡メダル、足跡マグネット)を作って頂きますが、粘土の採取から作製までの一連の作業となります。オキナワウラジロガシのどんぐり等を型にした菓子を作って頂くかもしれません。土産品の販売収益は祖納公民館に入りますが、一部はヤマネコの交通事故対策に使われます。美術作品等の製作経験者には新作にチャレンジして頂いても結構です。材料・資材費は高価でない限り支援いたします。新作が商品になった際には、収益の一部を祖納公民館に寄付をして頂きます。



宿泊

 基本2名で、3泊まで西表庵に無料で宿泊して頂けます。短期の宿泊は近隣の宿泊業に配慮してのことです。西表庵には宿泊者専用のシャワー室とトイレがあり、小さな台所ですが、自炊ができます。光熱費はかかりませんが、食材費は自前として頂きます。インターネット環境は整っています。詳細は申し込み時にお尋ね下さい。 
 西表庵での滞在ですが、1日めを移動日として宿泊のみ、2日めと3日めを作業(3-5時間)と観光等の日として、4日目を移動(観光等)の日にする、が例となります。交通費が高額となりますから、できるだけ西表島で楽しんで頂きたいと思います。


便宜等

 1)フィールドスコープ(地上望遠鏡)をお貸し出来ます。Nikon ED が2台あります

 2)希望者には陶芸を楽しんでいただけます。粘土とろくろを使って頂けます。小型の電気窯もあります。


 3)希望者にはマングローブ植物、ウミクサ類等の説明をいたします。


申し込み

 申し込みはメール(nqf31226@nifty.com)か電話(090-5286-0906)でお願いいたします。誠に申し訳ないのですが、主宰者(高相)が沖縄本島に滞在する期間が比較的長いことをご承知ください。

申し込み時にご連絡いただく内容
参加者氏名(代表者):

参加人数:○名
日程:○月○日より○泊
連絡先(代表者の携帯電話番号):
希望作業(ご希望に添えない場合があります):
その他(質問等):