植栽後。
 
植栽地拡張前の除草・除木。
 
除草後。
 
平成30年3月

11月の作業地での除草。
クロイワザサは冬季にほとんど生長をしないが、種子からの実生株も同様。
 
平成30年2月

12月の作業地でのクロイワザサ植栽。
植物園トップページへ
除草とともに漂着ゴミの回収を行った。クロイワザサの芝地ができるとゴミ回収が容易になる。芝地では地被によって光が届かなくなった雑草種子の発芽が抑えられ、繁茂も抑えられる。芝地には飛砂防止の効果もある。
 、
引き抜き後の状態。コンクリート道路脇にはクロイワザサを植えていたが、希ではあるが除草をした所では(写真手前)苗が残っているが、除草をしなかった所では(写真奥)苗が無くなっている。クロイワザサ等の地被植物は草丈のある植物に被われると生長が悪くなる。

平成29年11月

クロイワザサ等の植栽準備として、祖内の海岸で除草を行った。センダングサ等を引き抜いたが、砂地であるため作業は容易。

植栽活動の紹介:海岸



 西表在来植物の植栽で地域振興を進める会
(任意団体)は海岸での景観改善と飛砂防止を目的にクロイワザサ等の海浜地被植物を植える活動をしています。この活動では下記の団体から助成を受けています。植栽活動の普及のため、また助成のご好意に沿うため、毎月の活動をインターネット上で紹介しています。なお、クロイワザサの育て方等についてはクロイワザサ植栽マニュアルを参照にして下さい。

助成団体
 公益財団法人 日野自動車グリーンファンド (平成29年11月から)


 問い合わせ先:ttakaso@lab.u-ryukyu.ac.jp 

 
平成29年12月

前月の作業地の東側でセンダングサ等を引き抜き、クサトベラの枝を少なくした。

駆除作業(前の写真とは逆方向で撮影)
 
雑草が繁茂していなかった所には自生のクロイワザサが見られた。
 
雑草繁茂地にペットボトル等があり、これらを回収した。